ボロン de ガード工法 - プロフェッショナルネットワーク施工 長期優良住宅適合 安心15年保証

防蟻・木材劣化防止処理事業

はじめに

日本の住宅は世界先進国のそれと比べて建物の寿命が半分から1/5ほどしかありません(なんとイギリスでは141年!)。
建物の評価が低下するはもとより、ここでの寿命とは物理的に生活できない状態になることをいいます。
本来、日本の住宅は、諸国に比べて厳しい建築基準法をクリアするために素晴らしい技術で作られています。
それなのに、平均寿命は30年と言われています。これではローンの支払いが終わらないうちに建て替えなければならないということになります。
その要因を大きく占めるのが、湿気雨漏りなどにより活発となった腐朽菌により木部が腐り、キクイムシ等の木部を劣化させる害虫類に蝕まれ、そして、私達が気づかないうちに被害が進行しているシロアリによる食害があげられます。
また、昨今では、これまでの日本のシロアリ対策を覆して猛威を振るっている、外来種のアメリカカンザイシロアリの被害エリアの拡大があります。

その全てを、ボロンdeガード®工法で予防することができます

ボロンdeガード®工法って何??

ボロンdeガード®工法は天然鉱物のホウ酸塩の一種で成り立っています。
ホウ酸は土壌、海水、淡水、温泉そして微量に目薬にまで身の回りのどこにでもあります。
また、人間を始めペット等の哺乳動物、植物には微量の必須元素で、万が一にも摂り過ぎた場合、体外に排出することができ、重篤な副作用も起こしません。
自然界、身の回りのどこにでもある鉱物で、透明無臭で空気中に揮発もしません。

「ホウ酸」の持つ力

半永久的に持続するので再処理不要

新築時に施工しておけば、半永久的に持続(揮発しないため)するので再処理不要になります。
壁に隠れる柱なども再処理不要の為、効果大です。
既存住宅にも施工可能で、同じく再処理不要のため、コストも抑えることができます。
施工範囲も新築同様に床下・壁内・小屋裏など家全体の処理が可能です。
合成殺虫剤(農薬)は3~5年で効果が無くなるため、要注意です!

木材の防腐防蟻

高濃度で処理が出来る無比無類の防腐防蟻で、木材腐朽菌や色んなシロアリから守ります。
床下から小屋裏まで全体の施工ができるため、アメリカカンザイシロアリ対策にもなります。

安心・安全

無色透明、無臭で空気を汚しません。
シックハウス症候群も起こさない、人・環境にやさしい自然素材です。
リフォームや空気循環工法・床下循環工法にも安心してご利用いただけます。

ホウ酸は、木部に処理すると腐らなくなり、害虫にも食べられなくなり、結果的に地震時にも強い住宅を実現する優れた木材の保存剤です。<長期優良住宅に適合>

ホウ酸は空気を汚さない、効果が持続、欧米でも一般的
新築施工範囲

新築時の施工範囲は、『標準処理』・『1階全部処理』・『全構造材処理』の3タイプがあります。

施工範囲図説
最長15年の長期保証制度について

ボロンdeガード®工法は、ホウ酸処理のプロフェッショナルによる責任施工ですが、万が一、シロアリの被害にあった場合は、保証規定により、損害額を補償する保証制度をご用意しています。

【新築】地下シロアリ15年保証(10年保証、5年保証も選択できます)
【保証制度の概要:主な条件】

条件:新築、ベタ基礎、基礎外側断熱工法の場合は必ず指定品であること。
保証金額:300万円までの修復費用
保証期間:施工完了日から15年間(もしくは10年間)
シロアリ:イエシロアリ、ヤマトシロアリ
  定期検査:5年目、10年目(10年保証の場合は、5年目のみ)

【既存】地下シロアリ5年保証(※既存とは中古住宅の意味合いです。)
  【保証制度の概要:主な条件】

条件:既存、ベタ基礎、浴室はユニットバス(ハーフユニット含む)であること。
保証金額:300万円までの修復費用
保証期間:施工完了日から5年間
対象:イエシロアリ、ヤマトシロアリ

ホウ酸処理のメリット・デメリット

メリット

  1. 安全性
    ホウ酸は非揮発性で空気を汚しません。
    床下の空気を循環させる工法にも安心してご利用いただけます。
  2. 持続性
    ホウ酸は分解されないので、効果が減衰することがありません。
    再処理できない壁体内等の処理には必須です。
  3. 浸透性
    ホウ酸は木材中のわずかな水分に溶け込み深く浸透していきます。

デメリット

  1. 外部で使えない
    水溶性のホウ酸は、地面につけたり雨曝しになる。
    木材の保護には不適です。
    ホウ酸が優れた効果を発揮する条件は次の2つ。
    (1) 地面につけない
    (2) 雨曝しにしない
    【適しているもの】
    土台・柱などの構造材や家具など
    【適していないもの】
    外構(杭、柵、塀など)
まずはご相談ください!

新築時の施工、施工タイミング、長期保証の諸条件

  • 殺虫剤による防腐防蟻剤の再処理時にボロンdeガード®工法への切り替え
  • 被害の疑いなどがある場合 ※
  • 費用や期間、必要な準備など(新築時のご相談はお早めにご連絡をお願いいたします。)

※ 被害の疑いがある場合、初動の厳密な調査が、的確な処理に対して最も重要になります。
上記以外のほか、お気軽にお問い合わせください。